読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボイスチャットソフト Mumble1.2.0とTeamSpeak3とSkypeの遅延を比較した

ボイスチャットソフト TeamSpeak2 と Mumbleの遅延を比較した - bluespearの適当でやる気の無い日記 の続編。
前回測定したTeamSpeak、Mumbleともにメジャーアップデートされ、CELTの採用により遅延が減ったとされています。そこで、去年と同様の方法で測定してみました。ついでに要望のあったSkypeも測定しました。
12/25追記
ネットワーク環境について追記しました。LAN環境での測定です

結論

Mumble 1.2.0, Skypeともに0.1秒程度の遅延。若干Mumbleの方が遅延が小さい。
Mumbleは旧バージョンと比べ確実に遅延が小さくなっている。
Teamspeak3は2より遅延は小さくなったが、Mumble1.1.xと大して変わらない結果となった。

測定デモ

mumble 1.2.0
Download

TeamSpeak3 beta5
Download

Skype
Download


比較環境

  • PC: 2台 (Windows 7, Ubuntu 9.10)
  • クライアントソフトは2台にインストール
  • サーバソフトはUbuntu機にインストール
  • ネットワーク環境: LAN環境
    • PC2台を100BASE-TX Routerを通して接続しています。
  • Mumble
    • Windows機: 1.2.0
    • Ubuntu機: 1.2.0
    • サーバ: 1.2.0
    • 入力設定などはデフォルトのまま
  • TeamSpeak2
    • Windows機: 3 beta5
    • Ubuntu機: 3 beta5
    • サーバ: 3 beta5
    • Codec: CELT mono (48kHz)
  • Skype


2台のPCにそれぞれマイクを繋ぎ、同時に録音。録音はWindows上で行った。Windows側のマイク音声を再生リダイレクトで出力し、Ubuntu側のマイクから各ソフトを通してWindowsのクライアントの出力と合わせて録音した。

結果

Mumble1.2.0の録音結果を図1に、TeamSpeam3の結果を図2に、Skypeの結果を図3に示す。最初の小さな山がWindows側マイクからの入力、それに続く大きな山がUbuntu側のマイク音声である。
今回は波形を見やすくするために「アッ」と短く発音して測定した。


図1 Mumble1.2.0の録音結果

図2 TeamSpeak3 beta5の録音結果

図3 Skypeの録音結果

図より、遅延時間は概ね次の通り
表1 各ソフトの遅延

ソフト 遅延
mumble 1.2.0 0.1s
TeamSpeak3 beta5 0.25s
Skype 0.1s

なお、図から、若干ではあるが、Mumbleの方がSkypeより遅延が小さいと言える。

まとめ

前回測定から1年が経過し、各VCソフトの開発が進んでいることがわかった。しかし依然として遅延に関してはMumbleが強いという結果になった。前回測定しなかったSkypeも遅延に関してはMumbleと同等の性能を発揮した。TeamSpeak3はbeta版とはいえ前者2つのソフトに遅れを取っている。
MumbelとSkypeはサーバクライアント型、P2P型という違いがあるので、利用シーンに応じて使い分けるのが良い。FPSプレイヤーの場合は、サーバさえ用意できれば、参加者側で自由に参加・離脱が可能なMumbleの方が適しているだろう。